ねずみ駆除の仕方について

ねずみ駆除の仕方について説明します。


警戒心が強く、夜行動するねずみは見つけにくいです。

ですが、ラットサインがあります。
キッチンの食べ物にかじられたあとがある、壁や柱が汚れたり、かじられたりしているなどです。


天井裏で走り回っている音が聞こえることもあります。


ねずみの形跡を確認したら、まず入り込まれにくい環境にしましょう。その侵入口をふさぎましょう。1.5センチほどのわずかな隙間も侵入口になります。下水や排水口、換気扇やシャッターの隙間、またエアコンの配管の貫通部などからでも入り込まれてしまいます。侵入口に、かじられない材質である金網、金属のたわしや板などを設置しましょう。


モルタル、セメントのものでも良いです。
その後、毒えさやトラップ、粘着シート、また殺鼠剤などで捕獲しましょう。



なおトラップは箱式、バネ式、かごタイプがあります。

上記のことは自分で行うこともできますし、駆除業者に任せることもできます。

Reutersサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

ねずみの防除の仕方については、食べ物はそのままにせず冷蔵庫や密閉容器に入れておきましょう。



食品保管庫に関しては密閉構造にしてください。


調理した際に出た生ごみは密閉したごみ容器に入れておきましょう。排水口に残さないようにしましょう。


えさを絶つことが重要です。
駆除だけでなく防除も大切です。

巣を作らせないように、紙類、布類、ビニール類もそのままにせず箱にしまいましょう。


使わないものはすぐ処分してください。